最近のトラックバック

なかのひと

Fox Meter

  • Firefox3 Meter

« ちょっと更新すると | トップページ | 徒然に »

ニンテンドー3DS!

ニンテンドーDSに新型が出ることが発表されましたね。
今度のDSは3D液晶を搭載した新型です。

裸眼で3Dを実現するってことなので、使われている液晶は十中八九、スイッチ液晶を使った視差バリア方式の3D液晶でしょう。

おいらが昨年購入したauのH001(Woooケータイ)に搭載されたものです。

某掲示板でも覗き込んだりできるのかとかいうちょっとあっち方面の話も出て盛り上がったりしているようですが、原理はステレオグラムなので、絶対覗き込んだりなんてできるわけがないんですけどね(笑)


さて、この3D液晶、実際所有している人間から言わせてもらうと、ただ物珍しいだけで実用性に乏しく、まず利用しないで2Dモードで見ます。

裸眼で見られる3D液晶って実際目にしたことがある人が少ないのかも知れませんが、あれ実は3Dに見える映像ってかなり限定されていて、おまけに3Dに見えにくいものだと、ちらつきの方が大きくて少し見ているだけで目が痛くなります。

長くは見てられませんから、ゲーム用としてはどうなんだろう…?って気持ちが大きいです。

一応、技術的にはただの2D映像から3D要素を演算によって抽出し、擬似的に3Dに見せることも可能(Woooケータイにはその機能があります)なので、既存ソフトも3Dに見せることはできるでしょうけど、このモードが何より目が痛い(笑)



DSのような携帯機程度の大きさだとまだ3Dに見えやすいようにできるんで、ただ裸眼で手軽に立体映像を見るという一点においてDSを選んだのは必然かも知れません。

高速道路のSAで15インチくらいの視差バリア形式3Dモニタを見たことがありますが、あの大きさだとまず3Dに見えませんし、ただ目が痛いだけ。
3Dで見るために努力が強いられます。


裸眼で見る3D液晶は見る角度、見る距離がかなり限定されます。

http://www.sharp.co.jp/products/device/about/lcd/3d/index.html

上記のページの一番下にあるように、視差バリアで左右の目に入る映像を分離して映すんですが、これは分離された映像が図の通り、斜め外側に向かって出力されるため、図のように映像の焦点位置が目と合わないと3Dには見えません。

液晶から遠すぎても近すぎても、はたまた斜めに見ても3Dに見えないことはこれで分かります(ので覗き込むとか傾けても別の角度で見ることはできません。傾斜センサーを使って3D映像(ポリゴン)を回転させても本体を傾けたら3Dに見えないので)。

携帯機だと、手で持っているために液晶と目の並行位置は保ちやすいのと、大体どんな距離で画面を見ようとするかの心理学的な解析が可能なので、比較的誰でも3Dに見やすいように仕向けることはできると思います。

15インチとかの大きな画面だと、焦点距離や画面を見る位置が限定されないので3Dには見えにくいのですね。
こういうのはメガネを使った方式の方がいい(要するにPS3やWiiのような据置機でやるならメガネ方式でないときつい)です。



冒頭の通り、奥行きとか飛び出しているみたいな感覚を得られる映像というのはかなり限定されますが、3Dであることを実感しやすい映像、特にゲームだと、スターフォックスのような画面奥から手前にオブジェクトが飛んでくるタイプのシューティングゲームでしょうか。

「スターフォックス3DS」なんてのがローンチソフトとして出るかもですね。

他はマリオカートのようなレースゲームも相性はいいでしょう。

某掲示板で話題になっているラブプラスのようなものは3Dには見えにくく、ちらつき感の方が大きいです。


3DSは3D液晶だけじゃなくて、傾斜センサー(iPhone以上の性能らしい)や、振動機能、それから高精細グラフィックも搭載されるようである、との話もあるので、ただ立体に見えるだけのゲームじゃないものが登場することに期待ですね。

DSでもアナザーコードのような、ただタッチペンを使っただけじゃなくて、「え、DSってこんな使い方できるの!?」みたいなソフトもありましたし、何かしら面白い要素があるのではないかと思ったりはしています。

ちょっと楽しみですね。

実物がお披露目されるのは今年、6月11日のE3にて。

« ちょっと更新すると | トップページ | 徒然に »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

3D映像を見られない人や不快に感じる人がいることを忘れないで欲しいな。
http://japan.cnet.com/special/story/0,2000056049,20406927,00.htm

答えになっていないかも知れませんが、
見られない人については、多分2Dモードが
使えるはずです。

3Dを見られたとしても、常時3Dだと記事の
通り目が辛いので、任意で2Dに切り替える
機能くらいは付いているかと…

不快に思う人、というのについては、
言い出すとキリがなくてどんな新しいことも
できなくなってくるので仕方ないところは
あるんじゃないかと思います。
#無視していいという意味ではありません。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ニンテンドー3DS!:

« ちょっと更新すると | トップページ | 徒然に »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ